プチアンケート

<左利きプチ・アンケート>第41回新版・利き手調査第5回 マクマナスの利き手テスト

<左利きプチ・アンケート>第41回新版・利き手調査第5回 マクマナスの利き手テスト

 第33回新版・利き手調査第1回―利き手テスト側性係数を調べる
 第35回新版・利き手調査第2回―エディンバラ利き手調査
 第37回新版・利き手調査第3回―H.N.きき手テスト
 第39回新版・利き手調査第4回―chapman利き手テスト」 
 に続く、利き手別に投票する利き手調査アンケートの第五弾!

 過去四回は、以前に紹介した利き手テストの焼き直し版でした。

 今回は、利き手研究30年という、
 マクマナス教授の研究の成果をまとめた著書
 当メルマガの企画、
 「第一回LYグランプリ(2007)読者大賞」を受賞した、
 『非対称の起源』(講談社ブルーバックス刊) 
 で紹介されていた、利き手テストを紹介します。

 従来のテストで多用された、「マッチをする」という項目に替え、
 テレビのリモコンやプルトップという今風の項目を入れています。

 ● 新版・利き手調査第5回 マクマナスの利き手テスト ●

次の動作をするのにいつも使う手はどちらですか。
右手・左手のどちらかを選んでください。

▼調査項目―
1 文字を書く
2 絵をかく
3 ボールを投げる
4 歯をみがく
5 はさみを使う
6 ナイフをもつ(フォークを使わないとき)
7 スプーンを持つ
8 コップを持つ
9 テレビのリモコンを使う
10 炭酸飲料のカン(取っ手リングつき)を開ける

▼判定方法―
「左手」と答えた項目の数を数える

▼解説―
読者は、
0(強い右利き)から10(強い左利き)まで
のどこかにいる。

右端に0をおき、順に1,2,3,…、左端に10をおくと、

「全体として右が高く(強い右利き)、それから徐々に下がり、
左端(強い左利き)で再び上昇する、「J型」曲線を描く。」

「強い右利きと強い左利きの間にいる人は中間的で、
上記の動作の6〜9種を左手を使う人は、弱い左利き、
1〜5種の場合には、弱い右利きと呼ばれる。」

では、5種に左手、残り5種に右手を使う人
(100人に1人ぐらい)は、両手利きなのか?

「もっとくわしい調査票では、
その人たちも必ずどちらかに偏る傾向があるのがわかった。」

※参照―
『非対称の起源―偶然か、必然か』クリス・マクマナス/著
  大貫昌子/訳 講談社ブルーバックス(2006年刊 原著2002)
 「第7章 右と左を決める遺伝子」
   <あなたは右利き、左利き?> 235-237p より

さて、あなたは右利き、それとも左利き、いずれに判定されましたか。
以下の中で当てはまる番号に投票してください。

*投票者の利き手別で選択肢を用意しています。ご自身でご自分の利き手を右もしくは左と、どちらか判断した上で投票してください。

*一言言わせて、という方は投票後に表示されます一番下の「ご意見ボード」をご利用ください。もっと言わせて、という方は掲示板もご利用ください。貴方のご意見ご感想をお聞かせください。
1 (右利きの投票者)0点 210
2 ( 〃 )1−5点 210
3 ( 〃 )6−9点 221
4 ( 〃 )10点 224
5 (左利きの投票者)0点 391
6 ( 〃 )1−5点 235
7 ( 〃 )6−9点 236
8 ( 〃 )10点 220
  アンケート主催者:レフティやすおの左組通信 [e-mail]│

≫m.k.さんのお考えは決して間違いとはいえません。そういう事情を考慮した項目設定をしている学者さんもいます。H.N.利き手テストはそういうものです。しかし、左利きの度合の強い人の場合、右手を使うように指導されてもできないものです。右手が使えるにはそれなりの素質が必要、と考えれば、こういう判断が生まれてきます。【レフティやすお│07/09/13 23:30:10】
≫文字に関しては(お箸もそうですけど)子供のころ、無理やり右に変えられたという経緯を持つ人が(ある程度の年齢以上の人には)多いと思うので、それで左利き度合いが強いとか弱いとかを判断されるのはいかがなものかと思ったりします。【m.k.│07/06/22 12:03:44】
≫どちらかを選べというのは、人は大なり小なりどちらかに偏っているものだ、という前提なんだな。しかし右か左かの二分法だけでなく、現実に弱い傾向の人もいるので、偏りの強い人と偏りの弱い人という二分法もおもしろいと思うが、いかがか。【右田左太郎│07/05/27 15:07:10】
ご意見の内容 お名前  

Copyright(C) 2002-2004Personal dictionary All right reserved.